Asian View

A Life in Hong Kong

ハウス食品の世界名作劇場世代が大人になって気づいたこと クリスマスにクリームシチューとケンタッキーな日本人 Vlogmas#3

f:id:michelley-3434:20191221174445j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさん こんにちは!

今日は21日(土)

今年はクリスマスイブとクリスマスともに平日なこともあり、今日と明日イベントを楽しまれる方も多いのではないでしょうか。

 

さて。

先日友人と話していて盛り上がった話題があります。

日本ではクリスマスシーズンに、クリームシチューとケンタッキーの消費量が増えるんだという話です。

話していた友人は香港人だったのですが、「なんでクリスマスパーティといえばその2つのお料理が象徴的なの?」って尋ねられてすぐには答えられなかったんです。

それ以来、実はずっと考えていたわけです。

シンプルにいえば、ハウス食品さんとケンタッキーさんのマーケットリサーチの勝利の証なのでしょう。

でもこんなワタシがそんな大企業とそんな接点あったっけ?と疑問がつくわけです。

そこでふと思いついたのが、やっぱり何と言っても長年刷り込まれてきたCMの影響力の結果なのかなと思うに至ったわけです。

 

ケンタッキーといえば、必ず流れるのがパーティーバーレルのセット。

美味しそうな映像とともにクリスマスへ向けてのなんだか言葉では語れない盛り上がりを期待させるような数秒のフィルムは、いつの間にか私たち消費者の心をぐっとつかむわけです。

 

そしてハウス食品。

ワタシと同じ世代の方はお分かりになると思いますが、この会社は長年日曜日の夜放送していた世界名作劇場のスポンサーをつとめていました。

子どもに対しての情報管理の厳しいご家庭にあっても、世界名作劇場なら観ていいよとなるテイストの番組だったわけですが、そういった大多数の視聴者の目に触れる時間帯に長年自社製品の宣伝を流し続けていたというのは、考えてみれば相当な影響力を生み出すことになります。

もちろんオンタイムで観ていた親世代は「買おうかな」となったでしょうし、そのときは関心のなかった我々子ども世代にあっても、今こうやって大人になってみると、「え?クリスマス?シチューでもたべようか?」となんだか不思議なことにそうなってしまっているのです(笑)。

ハウス食品は次世代の消費者までこうやって形成してしまっていたわけです。

凄まじいことです、ある意味日本の文化形成の立役者、いや、影のフィクサーとでも言うべきか、そういうわけです。

 

そんなわけで、こちら香港にいましても、なんとなくクリスマスっぽさを感じられたらなぁと思い、クリームシチューを作るVlogmas #3を投稿してみました。

 

どうぞご覧いただき、いいなと思っていただけましたら、

応援という名のチャンネル登録をポチっとしていただけますととてもうれしいです。

 


How You Get Ready for Christmas? A Japanese Life in Hong Kong クリスマスの過ごし方(vlogmas) 聖誕快樂

【内容】

クリスマスの過ごし方(vlogmas) Asian ViewのVlogmas#3 お買物にいくと、クリスマスギフトで棚がいっぱい。 こちらのクリスマスギフトは日本でいうところのお歳暮に近いものがあります。日本で主婦などしたことのない私、また世代的にもお歳暮離れの世代なこともあり、遠いどこかのイベントに感じていたのですが、香港に越してきて一年目のクリスマスは、いろいろな方々からいただくこといただくこと。用意などしていなかった私は、慌ててお買物に走ったことを覚えています(笑)。 日本ではお友達くらいとはやり取りがあったとしても、雑貨だったりお茶だったり、ハンカチだったり、とてもささやかなプレゼントで済んでいたのですが、こちらは結構にぎやかなやり取り。 それこそ夫の会社関係の方々や予期せぬあの方この方!というという方々まで(笑) 香港にはありがたい売り方がありまして、この季節になると、行く先々で BUY 2 GET 1 FREE なる文字を目にします。そういったプロモーションを上手に使って色々な方々に贈り物を用意します。 慣れれば楽しいものです。いただく喜びもあります。

【動画の中でご紹介した場所やモノ】

*A1 ベーカリー

最近ワタシここのコロッケホットドックにどはまりしています。 ソースの染みたコロッケとパンが見事にあうのです。お昼ご飯が遅くなったときは、よくここのパン屋さんの商品を購入し、自宅でお茶をいれていただいてます。 カレーパンも侮れませんよ。

*街市(市場)

香港には行政の指定したエリアごとに、街市(ガイシ)と呼ばれる市場が存在します。なので、お住まいじゃなくて観光で滞在される場合でも、皆さんの最寄りの場所のどこかには街市が存在しています。日本だと市場でお買物・・・だなんてなかなかないですよね。日本育ちの私にとってはフレッシュな野菜や果物に出会えるあの空間はなかなか魅力的だったりします。しかもお値段もとってもお安い。日本でお見かけしない珍しいものも陳列されていて、ぜひ一度足を運んでいただくと楽しんでいただけるのではないかなと思います。

*ジンジャーブレッド

動画の中でちょっとした間を作りたいなと思って、シチューを煮込んでいる間にジンジャーブレッドとダンスをする場面を入れました。 楽しんでもらえるといいのですが(笑) クリスマスになると出てくるジンジャーブレッドのあの笑顔は、見てるだけで心がほっこりします。ぜひ一緒にお楽しみください。

*ハウス食品のクリームシチュー

こちら香港は日本のように寒くはないので、そんなに身体が温かいものを欲しているわけではないのですが、やっぱり日本育ちだからでしょうか、季節感を味わいたいと思って久しぶりにクリームシチューを作ってみました。街市で購入した野菜をたっぷり入れておいしくいただきました。私はあまり料理が得意ではないのですが、こんな私でも味を決められるように製造されたハウス食品のクリームシチューのルーはありがたい存在。次はビーフシチューをいただこうと思っています。皆さんはこのホリデーシーズンにシチュー、作りましたか?