モッチモチ 重慶酸辣粉って知ってる??

f:id:michelley-3434:20181126120912j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

重慶はグルメの街

 

みなさん こんにちはーパー乙女のトキメキハート

 

 

重慶といえば、中国の四大都市の一つです。

ここ「アジアにある小さな街」には、大陸のいろいろなエリアから出てきた人がいます。

よく耳にするのは、広東省・福建省エリア。

また、重慶市の人も結構流れてきているなと感じます。

 

中国で大都市と呼ばれるのは、北京・上海・天津。

中華人民共和国では、この大規模都市を「直轄市」と指定しており、

重慶市もこの直轄市に加えて指定されました。

元々は四川省の一部だったので、大発展ですね。

 

さて。

重慶といえば、グルメ。

辛いものグルメで知られるエリアです。

私は、山椒が苦手、辛いものも苦手で、極力避けていますが、

重慶グルメの中でも唯一食べるものがあります。

 

それが今回ご紹介する「重慶酸辣粉」なる食べ物です。

 

 

重慶酸辣粉をオーダーしてみよう

 

f:id:michelley-3434:20181126120856j:plain

 

重慶のお料理を立ち食いでいただくスタイルのお店。

「重慶小食」って書いてありますね?

「小食」っていうのは、食べ歩き、くらいの意味です。

よってスタンディングスタイル(テーブルなし)でいただくことになります。

いろいろあるのですが、辛くて食べられないので、

いつもぶれずに「重慶酸辣粉」だけをオーダーします。

 

麺は4種類。

私は、米麺が好きなので、太麺の米麺をチョイスしました。

どんな麺かは後からお見せしますね。

麺を湯がき終わったら、トッピングするものを選びます。

 

f:id:michelley-3434:20181126122557j:plain

 

私は、きゅうりとパクチーが好きなので、

この2つはいつもてんこ盛りにしてもらいます。

そして、胃腸が弱いので、「辣」は少なめ。

「小小(シウシウ)」とオーダーします。

 

トッピングが終わったら、スープを注いでもらいます。

 

f:id:michelley-3434:20181126122841j:plain

 

多分、鶏だと思います。

(何かちょっとわかりにくいんです、でも匂いが鶏っぽいから。)

味はあっさり。

とは言っても、ここに「酸」と「辣」が加わるので、ガブ飲みはできません。

 

 

んぐっショック

 

 

…ってなっちゃうからね笑

 

 

 

実食

 

 

 

で、これが、トッピングしてもらったやつ。

 

f:id:michelley-3434:20181126123134j:plain

 

ね?きゅうりとパクチーてんこ盛りでしょ??

爽やかで最高。

 

 

麺はこんな感じです。

 

 

f:id:michelley-3434:20181126133421j:plain

 

透明な太麺。

これがモッチモチで美味しいのです。

あ、そうだ、盛岡冷麺をより太麺にした感じです。

 

混ぜると、真っ赤っかになります。

 

f:id:michelley-3434:20181126123339j:plain

 

 

今、この写真を見て味を思い出すだけでも、汗が出てきます。

「小小」ってオーダーしても、結構辛いんです。

 

ローカルの人が食べてるのは、半端ないからさだと思うんですよね。

ちなみに、食べるとき、ツルツルのお箸だと、麺が滑ります。

なので、割り箸とかでいただく方が食べやすいです。

途中で変えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オススメ「重慶酸辣粉」が食べられるお店

 

 

「アジアにある小さな街」では、

中国グルメがたくさん楽しめます。

それも、高級店だけでなく、お安く堪能できるストリートフードが結構存在します。

 

 

私は個人的に、ストリートフードはあまり手を出しませんが、

この「重慶酸辣粉」だけは、たまに食べたくなります。

 

 

もし機会があれば、食べてみてください。

 

 

 

新假期オススメ 5店

 

 

これは、「新假期 (サンガァケン)」という情報誌のwebsiteです。

日本で言うところの、「東京Waker」くらいの感覚の雑誌。

このリンク先に、「アジアにある小さな街」にある、オススメの5軒が掲載されています。

 

www.weekendhk.com

 

 

Michelleyオススメ 2店

 

 

その中で、観光にいらっしゃった際、アクセスの良さそうな2つをご紹介します。

 

 

Mong Kokにある「旦王」

 

 

住所:旺角弼街72號
営業時間:10:30am-12:30am

 

弼街」っていうのは、「Bute street」と読むのですが、

お買い物エリアとして知られる場所なので、そのついでに立ち寄るのに便利です。

 

f:id:michelley-3434:20181126125748j:plain

 

f:id:michelley-3434:20181126125804j:plain

 

 

 

Cawseway Bayにある「傷心酸辣粉」

 

 

地址:銅鑼灣金百利5樓 R3室
營業時間:11:30am-11:30pm

 

ここは、Cawseway Bay駅から、ビクトリアパーク側に出たアクセスの良い立地です。

金百利」ショッピングモールの5階に入っています。

ちなみに「金百利」って、何の当て字かお分かりになりますか?

「ビバリーヒルズ」の「ビバリー」です笑

 

お店の名前に「傷心」って冠してますね、「heart break」するほどの辛さなのか、

「heart break」を忘れることができるほどの辛さなのか…笑

 

f:id:michelley-3434:20181126130154j:plain

 

とにかく、辛いことには、違いないでしょう。

やばっ、汗が止まらない、今食べてるわけじゃないのにねー汗汗汗

 

 

余談ですが…

重慶って、美人さんが多いことで有名なエリアです。

祖先から継承されたカプサイシンパワーなのかもしんない…笑

 

 

 

 

せっかくなので、そんな美人さんが育ったソウルフード「重慶酸辣粉」を

アジアにある小さな街にお越しの際は、食べてみてくださいね。

 

 

 

それでは、またねーパー乙女のトキメキハート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追伸

昨日YouTubeに新しい動画をUPしました。

面白かったら、ぜひチャンネル登録、よろしくお願いいたします❤︎

 


A Life in Hong Kong Joy to share Christmas season, shopping at the MARKS & SPENCER LONDON