カンボジアシェムリアップ観光ってどんな感じ?2 アンコール遺跡巡りにオススメのホテル

f:id:michelley-3434:20181223194809j:plain

 

 

 

 

みなさん こんばんはーパー乙女のトキメキハート

 

 

世の中はクリスマスイブですね笑

我が家は通常業務で生活しております。

昨日の夕方、日本のお友達からは、とっても美しいクリスマスイルミネーションの写真がバンバン届き

「あ…デートねーはてなマークはてなマークはてなマーク」と思わず突っ込みのメッセージで突っ込ませていただきました。

仲良きことは美しきこと🙏チーン…

と若干悟った感じでおります笑

 

 

今朝のブログ「カンボジアシェムリアップ観光ってどんな感じ?1空港 sim タクシー ビザ申請編」に引き続きまして…

www.michelley.link

 

 

アンコール遺跡巡りにオススメのホテルをご紹介したいと思いまーす

それではどうぞよろしくお願いしまーすニコハートハート

 

 

 

 

 

 

特にアンコール遺跡巡りの期間宿泊するのにオススメ「サライリゾートアンドスパ(SARAI RESORT & SPA)」

 

f:id:michelley-3434:20181223200433j:plain

 

 

今日ご紹介するのは、コチラキラキラ

サライホテル(SARAI RESORT & SPA)です上差しキラキラ

外観からして 美しいでしょ?

実はですね、とーってもフォトジェニックなホテルとしても知られるホテルなんです。

それでは少しずつその魅力をご紹介したいと思いますハートハート

 

 

シェムリアップ国際空港とアンコール遺跡群へのアクセスが良い

 

 

こちら Google Mapをご覧くださいパーハート

 

 

f:id:michelley-3434:20181223201254p:plain

 

 

左上:シェムリアップ国際空港(Siem Reap International Airport)

中ほど:サライリゾート&スパ(SARAI RESORT & SPA)

右上:アンコールワットチケットオフィス

 

 

という位置関係なっております。

空港からホテルまでは、車車で40分ほど、

ホテルからチケットセンターまでは、トゥクトゥク自転車で15分くらいの距離です。

とっても便利なんです。

 

 

遺跡巡りを想定したサービスを提供してくれる

 

 

アンコール遺跡群を巡る時間帯、

それはかなりの早朝か、夕方を選ばれる方が多いように思います。 

そこで普通のホテルサービスであれば受け損ねるものがあります。

それは「朝食」です上差しキラキラ

朝からツアーに参加する場合、大体ツアー会社はホテルに5時半前後に迎えに来ます。

となると、通常のサービスで考えれば、朝食を食べ損ねることになってしまいます。

 

 

こちらのホテルがとってもいいなと思ったのは、

こういった方のために、朝食をランチボックスに詰めて持たせてくれる点。

 

 

もちろん、朝日を見たら、すぐホテルに戻る、という人は、

そういったサービスを利用せず、ホテルに戻ってから朝食を楽しむことができますが、

中には、朝出発したまま、半日ツアーや、一日ツアーに出っぱなしという方もいらっしゃると思います。

そういった方にはとってもオススメなのですラブキラキラ

 

 

遺跡巡りのツアーを案内してくれる

 

私たちはこのホテルの斡旋しているツアーを利用しなかったのですが、

今振り返れば、このホテルの斡旋するツアーを利用しても良かったかな?と思います。

理由は、お値段。

私たちは、ホテルが斡旋するものよりも安いツアーを、

フリーペーパーの広告で見つけて申し込みました。

繁忙期なこともあり、人手が足りなかったのか、

日本語のレベルが、ちょーっとばかし今一歩なレベルのガイドさんでした。

まぁ安いツアーでしたしね、人件費考えてもそうなっちゃうでしょう。

結果、通訳の話す日本語が全然意味わからなかったんです。 

英語のガイドさんでもよかったくらい。

ちょっとお値が張っても、ガイドさんのクオリティは保った方がいいかもしれないなぁと感じました。

高いからいいガイドとは限らないかもしれませんが、

まぁ冷静に考えて、優秀な人は、高給な仕事に流れるでしょうからね。

もしホテルに宿泊される方は、チェックイン時にフロントのスタッフに尋ねてみてくださいね。

 

 

ホテルでいただく朝食の提供の仕方が贅沢

 

 

実は、ここのホテル、ビュッフェではないのです。

朝食をいただく会場は、オープンテラスを備えたレストラン。

テーブルに着くと、すでにテーブルのセッティングが丁寧にされています。

そして、メニュー表が出されまして、

 

ベル前菜のサラダ

ベルメイン

ベル卵料理

ベル飲み物

ベルデザート

 

のカテゴリーごとにいくつか選択肢が用意されていまして、

好きなものをオーダーしてサーブしてくれる、というシステムになっています。

しかも、皆さんの胃袋さえ許されるなら、どれだけオーダーしてもOKでした。

ただし、食べ残しは心象がおそらく悪くなりますので、

必要以上のオーダーは控えたほうがいい雰囲気でした。

 

 

それがですね、テラスで鳥のさえずりを聞きながら、

美しいデザインの木々に囲まれながら、相当心地の良い時間を過ごすことができるのです。

 

 

ホテル名に「リゾート」という名を冠しているので、

誤解を招かないように敢えて記しますが、

シャングリラ「リゾート」のように、巨大施設ではありません。

 

 

どちらかというと、ブティックホテルのテイストです。

 

 

こじんまりしているのですが、とってもハイセンスで上品。

食事にこそそういった配慮が響くので、徹しているなと感じます。

 

 

なかなか良かったですよ。

 

 

抜群のフォトジェニックさ

 

 

もうこれは、言葉での説明はいらないと思います。

写真を数枚掲載します。

ちなみに一切加工はしておりませんパーハート

 

 

f:id:michelley-3434:20181223200433j:plain

 

 

これは冒頭にも貼りましたね。

すべて、こんな感じのややアラビアン入ったテイストのデザインです。

ロマンチックなんですニコハートハート

 

 

f:id:michelley-3434:20181223203921j:plain

 

 

これが朝食をいただくレストラン。

夜は夜でレストランを営業していますが、ディナーは宿泊費に含まれておらず、

別料金となります。

 

 

f:id:michelley-3434:20181223204315j:plain

 

 

こちら プール

 

 

f:id:michelley-3434:20181223204332j:plain

 

 

なんと プールのテラスにもテーブルがセッティングされまして、

こちらでも食事をすることができます。

シェムリアップ、土煙を浴びて帰って来る宿泊客が多いです。

このプール側は玄関よりも内側に位置するので、

そういった人の出入りも気にならず、衛生的にかつテラス感も心地よくオススメだったりします。

 

 

f:id:michelley-3434:20181223204526j:plain

 

 

こちら

テラスにソファーもあり、

夜も解放されているので、カクテルトロピカルカクテルトロピカルカクテルを飲みながらおしゃべりを堪能している方も多くいらっしゃいました。

 

 

f:id:michelley-3434:20181223204715j:plain

 

 

お昼のプールサイド

みんな遺跡に行ってるようで、

日中は結構余裕だったりします。

 

 

f:id:michelley-3434:20181223205336p:plain

 

 

ホテルの顔 フロント。

スタッフのマナーが丁寧で、親切です。

 

 

f:id:michelley-3434:20181223205437j:plain

 

 

このホテルは2階建。

ここは2階のロビー。

ね、とってもデザインが美しいでしょ?にやりハート

 

 

f:id:michelley-3434:20181223205600j:plain

 

 

日中のロビーからの景色が夕方になると…

 

 

f:id:michelley-3434:20181223205651j:plain

 

 

こんなに美しいパープルグラデーションの世界に変わります。

なんども言いますがフィルタリングしていません。

とっても美しいでしょ?ラブキラキラ

 

 

f:id:michelley-3434:20181223205800j:plain

 

 

ほら ホテル玄関 敷地内から見上げた空もこんなに綺麗。

 

 

f:id:michelley-3434:20181223213358p:plain

 

 

f:id:michelley-3434:20181223213448p:plain

 

 

f:id:michelley-3434:20181223210323j:plain

 

 

ホテルのお部屋の雰囲気。

スタジオサイズのお部屋。

洗面台の鏡が仕切りも兼ねていて、

あちら側にバスタブ付きのお風呂スペースと、お手洗いがあります。

扉では仕切られておらず、

同じ室内に存在します。

 

 

お部屋のウィンドウは大きくて光が差し込みます。

しかし、防犯的な理由からか?(2階建てですしね)窓は開きません。

 

 

でも、遺跡巡りをする期間は、ほとんどホテルにはいないでしょうから、

まぁ充分と言えば充分かもしれません。

 

 

f:id:michelley-3434:20181223213610j:plain

 

 

f:id:michelley-3434:20181223213622j:plain

 

 

お部屋からの景色

プールビューのお部屋です。

 

 

また利用したい

 


ホテルを評価する上で、この観点が一番大切だと思うのですが、

はい、そう思います上差しキラキラ

人生二度目のアンコール遺跡巡りをするなら、

その期間中は、こちらのホテルを再び利用したいなと感じてチェックアウトしました。

 

 

また仕切り直して、カンボジアのグルメについてブログを投稿する予定でいますが、

このホテルに宿泊したことで美味しいレストランが併設されていたので、

滞在中食事に困ることもありませんでした笑い泣きキラキラよかっただー

 

 

また、ホテル正面の通りをまっすぐ5分ほど歩いたところに、

ミシュランスターのついたクメール料理屋さんもあり、

チョイスもあります上差しキラキラ

 

我が家は、アンコール遺跡の三日券を購入し、

このホテルには、2泊しました。

3泊目以降は、当初の予定では「もっと高いサービスを受けられるだろうな」と期待したホテルに移動したのですが、
私たちはここのホテルの方が好きです。

 

 

特に朝食を含めた食事のサービス。

 

 

訪問してから1年経とうとしていますので、

若干サービスに変更があったらごめんなさい🙏ですが、

とっても良かったですよ

 

 

オススメですニコハートハート

「カンボジアシェムリアップ観光ってどんな感じ?」は続きます。

次回をお楽しみにーパーハート

 

 

【ホテルの概要】

ホテル名 : SARAI RESORT & SPA

所在地 : Salakamreuk Rd, Krong Siem Reap, カンボジア

連絡先 : +855 63 962 200

www.booking.com