レジ袋の有料化 海外では普通だったりするという件

f:id:michelley-3434:20181127193840j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさん こんにちはパー乙女のトキメキハート

 

 

今日は、最近よく目にする、レジ袋問題について書こうと思いますニコハートハート

 

headlines.yahoo.co.jp

 

www.asahi.com

 

 

さて、みなさんもおそらく見聞きされている話題です。

H&Mがレジ袋を有料化し、すべて紙製にする、と大々的に発表しましたねハートハート

プラスチック燃やすとco2が出ますからね、

エコじゃないというわけです上差しキラキラ

 

 

プラスチック製のレジ袋を製造していた業者さんは、どうなっちゃうんでしょうね?

燃やしても地球に害のないプラスチック製袋が開発されたりとかもしていて、

製造業者さんにとっては死活問題に関わるわけですから、

一辺倒に「エコだ」「エコだ」とも主張するわけにもいかない、

微妙な問題になることは容易に推察できます。

 

 

また、エコの話題は置いておいて、

プラスチック製袋でお金を取るよりも、紙袋の方がブランド力を保持できるというような

心証の問題もあるかもしれませんね。

その上で、燃やせるし、一挙両得、といったところでしょうか。

 

 

ちなみに海外では、レジ袋は有料ですねーそうなのよー

参考までに、私の住む街では、一枚50セント(約7円)します。

なので、私の周りの人は、いつでも不便をしないように、

エコバックをカバンに忍ばせていることが多いです。

 

 

当然、持ち合わせていない人もいらっしゃいまして、

その場合、プラスチックバックを買うのかな?と思って見ていると、

そうでもなかったりします。

普通に、手で「野菜」やら「グロッサリー」やら抱えて歩いている人、います。

ネギとかね、キャンベルのスープ缶とかね笑

手につかんで、街、普通に歩いています。

日本人なら、ギョッおーっ!!!とする人多いんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我が街のプラスチックバックは、

燃やすと、なんだかきっと地球に悪いガスが発しそうな素材のプラスチック袋なことが多いです。

ガサガサで安っぽい、そして、絶対エコなんて考えちゃいないねー汗汗汗

 

 

ちなみに、ローカルに、「この街はゴミの分別していないけど、処理どうしてるんだろうね?」って聞いたら、

「全部燃やせちゃう、すごいゴミ処理機があるんだよ上差しキラキラ」と真顔で言っていました笑

驚きました、本気でそう思っているのですねーあー…

 

 

その昔、水道の蛇口だけが、路面で売られていて、

それを壁に止めれば、水が出ると信じていた人たちの末裔ですから、本気で信じているのかもしれません笑

もしかすると発燃温度が高く、燃やせるのかもしれませんが、仮にその場合、絶対地球に悪いガスが発生してると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、意識の高い小売店も存在しまして、それは高級食材を扱うリテイラーなことが多いのですが、燃やしても地球に害のない素材のプラスチックバックを用意しています。

でもまた一方で、そういう意識高い系リテイラーは、自社ブランドのエコバックをデザインし販売していることが多いので、

そういうお店を利用する人は、やっぱりカバンにエコバックを忍ばせている方が多いですニコハートハート

 

 

これは、city'superという会社のショッパーバック。

いろんな色とデザインが用意されていて、可愛いんですハートハート

エコバックなだけあって、価格設定もHKD20-30くらいの間。

 

f:id:michelley-3434:20181127190708j:plain

f:id:michelley-3434:20181127190717j:plain

f:id:michelley-3434:20181127190724j:plain

f:id:michelley-3434:20181127190731j:plain

 

かわいいでしょ?

ちなみに、「アジアにある小さな街」は温暖な街。

購入して帰宅するまで食品が痛まないように、保冷バックもちゃんと販売されています上差しキラキラ

 

 

日本に帰国すると、

実家に溜まったレジ袋をもらって帰ることがあります。

日本は、レジ袋、ゴミ袋には使えないことが多くなりましたよね。

自治体指定のゴミ袋を買って利用することが多いですからね。

その実家に溜まったレジ袋は、「アジアにある小さな街」に帰った後、

キラキラゴミ袋キラキラとして再利用しています。

 

また、時に、お友達に差し入れをする時にも、

そのシワシワの買い物袋を利用することが稀にあります。

ってか使っても問題ない、そういう感性の人が住む街です。

 

 

友人がプレゼントや贈り物をくれることがあるんだけれども、

裸のまま持ってきて、「カバンに入るか?」と聞かれることが多いです。

「そんなモノのあげ方あるかいおーっ!!!」と頭初は引いてましたが、

この街ではラッピングや手提げ袋のことなどお構いなしなんです笑

 

 

日本人同士でも、在住歴が長くなってくると、

「ごめん、資材がなかった」と裸ん坊のままおうちに持って行ったりします。

 

 

この暮らしに慣れてみると、

レジ袋が無料だった日本は、それって世界的に見れば、当たり前のことではないし、

有料化と言ってもたかが知れているので、いいんじゃないかな?と個人的には思っています。

 

 

あなたはどう思いますか?

 

 

 

最近、雑誌の付録でも、たくさん可愛いショッパーバックが付録についていて、人気を博していますよね。

なので、世間の感覚も、有料化の方向性に沿うような感じで流れてきているのかな?とも感じています。

 

 

 

今日もブログ読んでくださり、ありがとうございました。

それでは、またねーパー乙女のトキメキハート