Asian View

香港で海外生活をする日本人が海外旅行や香港生活をvlogにしてお届けします。

ドラゴンボートフェスティバルの過ごし方|初めての中華ちまき作りとお友達に季節のご挨拶|季節を楽しむ|香港海外生活日本人

f:id:michelley-3434:20200612181459j:plain

 

みなさん こんにちは!

日本では五月五日に終えた端午の節句、こちら香港では旧暦でお祝いするため、これから迎えます。さて、そんな端午の節句(端午節)の風物詩と言われるのが、ドラゴンボートのレースと、中華ちまき(端午粽/五月粽/粽子/Zhongzi 等名称様々)になります。

この中華ちまき(端午粽/五月粽/粽子/Zhongzi)は、香港だけでなく中華圏にあっては、古くから愛される食べ物。この端午節の季節になると、家族総出で作り、ご近所や親しい友人に季節のご挨拶で配ったとされます。とはいいましても、現代は皆仕事で忙しいですから、日本人にとっての餅つきやお節料理のごとく、家庭で作ることは減ってきました。大抵はスーパーマーケットやレストランで販売しているものを購入し、いただきます。

 

f:id:michelley-3434:20200612182340p:plain

 

こちら香港の市場「街市(ガイシ)」に出店するとある乾物店。だいたいどこの街市にも乾物店は出店していまして、そこで中華ちまき(端午粽/五月粽/粽子/Zhongzi)用の笹の葉は販売されています。乾燥した状態で販売されています。買うとき、何枚位入っているのかな?と思って、聞いたら店員さんも分からないとのことでした(笑)弱ったなーと思いましたが、一束からしか販売できない、ということだったので、購入。これね、大体100枚入っています。粽(端午粽/五月粽/粽子/Zhongzi)一つは、笹の葉2枚と一本の糸で出来上がるので、単純計算で50個作ることができますが、実際は、破れていたりすることもありますし、状態が悪いものもありますので、50個できないことの方が多いかもしれません。新品の畳のような香りがして、なんだか初夏を思わせてくれます。

 

f:id:michelley-3434:20200612182821j:plain

 

これが大体の材料(実際にはもっと細々した調味料を使っています。)

ささっと書くとこんな感じ

*中華ちまき39個分のレシピ(目分量)

-笹の葉

-笹の葉をしばる藁(タコ糸でOK)

-もち米1.5キロ

-緑豆半袋

-中国醤油一本

-干しいたけ(小ぶりがいい、カットする手間を省ける)39個

-なつめ39個

-鶏もも肉(私は計4枚を40個くらいにカットして用意した)

-青ねぎ

-生姜

-塩

-白だし

 

こんな感じです。作り方は動画を参照下さい。

 


A Japanese tries a tradisional recipe Rice Dumplings in Dragon Boat Festival|Hong Kong vlog

 

出来上がったものを友人に季節のご挨拶でお届けしました。とっても喜んでもらえて嬉しかったです。夫にも食べてもらいましたが気に入ってくれたのか、会社の人にも持っていく、と翌日もっていってくれました。ちょっと大変だったけど、初めての粽(端午粽/五月粽/粽子/Zhongzi)づくりは、いい思い出となりました。

 

まだ絶賛ご挨拶中。流石に全部冷凍しましたが、明日明後日も、親しい友人にお届けしようと思っています。お友達に会う口実ができて、とても嬉しいイベントです。最近ブログに書いておりますが、今年はコロナウイルスの影響でドラゴンボートレースの大会が中止になってしまい、とても残念です。なので、こうやって身近な人とドラゴンボートフェスティバルの風物詩中華ちまき(端午粽/五月粽/粽子/Zhongzi)をシェアしながら季節を楽しみたいと思っています。

 

今日もブログを読んでくださり、本当にありがとうございます。

 

f:id:michelley-3434:20200612183803p:plain

 

追伸)39個、夜中の1時位まで巻き続けました。思った以上に、重労働だった(笑)