Asian View

香港で海外生活をする日本人が海外旅行や香港生活をvlogにしてお届けします。

【2020年初vlog】観やすくなることを目指して動画のスタイルを変えてみたよ 「3度目のプーケット #1」

f:id:michelley-3434:20200108201528j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさん こんばんは!

さて今日は新しいvlogをお届けしたいと思います。

 

 

動画のスタイルを変えてみた

 

新年を迎え、新しいことを始めたり変化を生み出すにはとてもよいタイミング。

そんなわけで「観やすさ」「理解しやすさ」を目指して、動画のスタイルを変えてみました。

ちょっとまだ編集ソフトを使いこなせていなくて、一部ウォーターマークとマークが画面上で重なってしまったところもありますが、どうかなぁ・・・楽しんでご覧いただけますことを願って投稿します。

 

今回の動画は年末年始過ごしたプーケットのTravelog「3度目のプーケット #1」になります。

 

プーケットはタイ王国の南に位置する美しい島で、香港から飛行機で3時間くらいの距離です。タイ王国にあっては2番目に大きな都市で、その目玉はなんといっても美しいアンダマン海があること。名前も美しいですよね、きれいな女神様の名前みたい。プーケットといえばパトンビーチが有名です。混み合っていてガヤついてはいますが、ショッピングモールやレストランが充実していて、徒歩で必要なことが済んでしまうので、楽ちん。夜は夜でバーやイベントが開催され、にぎやかに過ごしたい方にはオススメのエリアです。

 

大変恐縮ながら、香港に住む我が家は、プーケットはアクセスがいいものですから、結構頻繁にいきやすいロケーションであり、今回は3度目の滞在となります。そんなわけで今回はパトンビーチエリアはスキップし、未知なるエリア、プーケット南部にあるMueang に滞在しました。

その模様を動画にしてお届けします。動画の内容は次のようなものになっています。

 

【Summary】

 

01:21 Get SIM & TAXI at Phuket International Airport(プーケット国際空港に着いたらまずはSIMカードとタクシーを手配!)


もしコスパを重視してSIMカードを選ぶなら、ぜひプーケット国際空港の到着ロビーに出店しているエージェントで購入することをお勧めします。一番安い会社で、1週間TB148でした。データ通信量に制限がなく、位置情報もかなり正確で、大助かりでした。一方「Birdie Sim」という会社のSIMカードもオススメ。実はこれ、香港でYouTuberをされている方かたの動画で使い方を紹介されていて「こんな便利なのあるんだ」と感激し使い始めたもの。めちゃくちゃ楽ちん、アプリ内の手続きだけで必要な国と必要な日数を指定でき決済できてしまうので、ずっとスマホにいれっぱなしにできちゃうんです(デュアルSIM対応のスマホなら)。もう、ゆらゆら揺れる着陸前の飛行機の中であわててSIMカード出し入れする必要なし。渡航先の現地で購入するSIM底値カードの価格よりはちょっぴり高いので、底値を狙う方には、理想的ではないかもしれませんが、言っても数百円の差です。Birdie SIMの動画を紹介していたYouberさんの動画のリンクを張っておきます。必要使い方が詳しいですしわかりやすいので、必要な方はそちらをご覧になってみてください。

 

YouTubers In Hong Kong introduced Birdie SIM

TJVlog さん

https://www.youtube.com/watch?v=_8_530n4NoE&list=PLnKfa4rKdiuFt9FxON3gs9aZrf0H05Dpy&index=12

 

香港けんたチャンネル さん


https://www.youtube.com/watch?v=B9VAekuP26o&list=PLREicZCnqUGOwlQCNeNLSJ5ApH3dEYpmF

 

05:00 Enjoyable? Opposite Area of Main Beaches(主要ビーチの反対側のエリアって滞在して大丈夫?)

 

プーケットは、ロシアからの訪問客数が圧倒的に多い旅行先です。彼らをみていると、島の南側での滞在を好んでいるように感じます。我が家はそんなロシア人たっぷりの、コンドミニアムがあるRawai は Muang という聞いたことのないエリアに滞在しました。プーケットのホテルサイトと地図を眺めたことがある方のなかには、南部かつビーチの反対側にある、比較的高価格帯&高評価のホテルが集まる不思議なあのエリア、いったいどんなエリアか気になっている方も多いのではないでしょうか?利用したホテル(コンドミニアム)のレビューはまた後日投稿します。

 

Saturdays Residence by Brown Starling

 

Booking.com: https://www.booking.com/hotel/th/saturdays-residence.ja.html?aid=1940678&no_rooms=1&group_adults=1
Address:136/275-276 Moo 4,Soi Saturdays, Saiyuan – Kata Road, Rawai Phuket

 

07:23 Rental Bike & Shuttle bus(レンタカー&レンタルバイクを借りて快適な滞在)

 

プーケットの南側にも高価格帯のホテルは存在するわけですが、主要エリアからは離れているので、やや不便さを心配される方も多いのではないでしょうか。ホテル側もお客さんを引っ張ってくるのに必死なので、彼らなりに交通問題の対策は練っているようです。シャトルバスを所有し、送迎を積極的に行うホテルもありますし、街中のホテルですと「レンタカーやバイクは自分で借りてね」っていう姿勢が多い中で、南部のエリアのホテルはコネクションを利用して、ゲストのかわりにレンタカーやバイクを手配してくれる丁寧なところが多いです。チェックイン時にパスポートを提示していますから、わずらわしい登録やパスポートを預けたりする作業はショートカットでき、スムーズに借りることができました。

 

08:07 Supermarket TESCO(プーケットのスーパーマーケットTESCOで買い出し)

 

普段みなれない食材や感性に触れて、あらたな発見をしたり、楽しんだりできると思いますよ。

私はインスタントのタイティーを購入しました。パンダンリーフの香りがとっても心地よくて、おいしいです。パンダンリーフは、個人的にはバニラみたいな香りに感じられて美味しいですよ。

 


PHUKET, THAILAND 🇹🇭 #1 3度目のプーケット#1

 

ご覧いただき面白いなと思っていただけましたら、チャンネル登録をしていただけますととっても嬉しいです。

香港にある小さなお家の小さなお部屋で、一人ちっこくなってせっせと動画編集しています。

チャンネル登録といいねをいただけますと、動画編集の励みになります。

応援のほどどうぞよろしくお願いいたします♡