納豆キムチを毎日食べると身体にいいらしい

f:id:michelley-3434:20181122093015p:plain

 

 

 

 

(注:キッコーマンさんのサイトからお借りした写真です)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさん おはようございますパー乙女のトキメキハート

 

 

今日は納豆のお話。

私は納豆があまり好きではありませんぼけーくさーい

あの臭い、ちょっと嗚咽をかんじます。

でも身体のことを考えて「これは美味しい」と暗示をかけながら、

いつも夜いただくようにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

一日一回いただくなら夜がいい

 

嫌いな納豆を毎日食べる理由。

それはもう健康のため。

いっとき話題になった「酵素」ね。

年齢を重ねるごとに、身体に本来備わっていたはずの酵素が減っていくんです。

酵素が減ることで、「消化」させる力と「代謝」を上げる力が低下していきます。

(実際、酵素には2種類あり「消化酵素」と「代謝酵素」に分類される)

 

 

日本人にとって発酵食品と言われれば、

「納豆」はその代表格です。

他にも味噌とかあるけどね

 

 

日本では、食事は、朝・昼・夜と三食とされていますが、

その中でも納豆は夜食べるといいとされています。

納豆といえば、納豆キアーゼ。

血液サラサラにしてくれるものです。

寝ている間は、動いていませんから、血流が弱まります。

納豆キアーゼの働きは、11〜12時間続くとされていて、

ちょうど睡眠時間+睡眠前の数時間を合わせても、

体内でしっかり稼働してくれます。

 

 

血液がめぐる、ということは、体の末端まで栄養を届けてくれることにもつながるので、

とっても大事なこと。

末端に届いた栄養が、髪を作り、お肌の美しさを養うことにもつながります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

納豆をパワーアップ 「納豆キムチ」は最強フード

 

 

納豆だけでも十分栄養価は高いんですけどね。

もっとパワーアップさせることもできるんです。

それが

 

 

乙女のトキメキ納豆キムチ乙女のトキメキ

 

 

です。

キムチも発酵食品。

乳酸菌を含んでいるので、お通じの改善にも最良の働きを発してくれます。

キムチは唐辛子をたくさん使っていて、カプサイシンを含んでいるので、

脂肪の燃焼にも力を発揮してくれます。

また、腸内環境を整えてくれるので、

結果、お肌が美しく養われます。

 

 

実際、NHKの「ためしてガッテン」という番組でもその効果を紹介されたことがありましたが、

一日50g(小鉢一盛りくらいね)を3週間食べ続けた結果、

特殊な機械で計測し認識されていた毛穴とシミが大きく減少したという実証がなされました。

 

www.nhk.or.jp

 

これは嬉しい実験結果です。

 

 

さいごに

 

 

ただね、夜食べる上で、注意すべき点は、

納豆のカロリーの高さ。

1パック約100kcalと言われています。

なので、我が家は、納豆1パックを二人でシェアしています。

 

 

一パックを練りにねり、そこにキムチを加え、かさを増します。

そうすることで、二人分は確保できるわけです。

 

 

おかずは他にもあるしね上差しキラキラ

 

 

今日はスーパーマーケットに行ったら、

納豆とキムチをストックしてくるつもり。

加熱しなくて一品出来るっていうのは、とっても助かりますニコハートハート

 

 

それでは またねーパー乙女のトキメキハート