高い!新さんま二尾HKD136をとおして知った 日本の水産品輸送技術の高さ

f:id:michelley-3434:20181015113658j:plain

 

 

 

 

 

 

みなさん こんにちは〜パーハートハート

 

実は、ワタシ先日から季節の話題として、何度か、

さんまについてブログを書いておりました。

 

ベルゆる〜くやっているブログameba

ameblo.jp

 

 

 ベルはてなブログでちょっと出したさんまネタ

www.michelley.link

 

 

なんと

 

 

二尾HKD136の新さんまおーっ!!!!!!!

(昨日のレート換算で約2000円)

 

 

…について触れてる話題です。

でね。

なぜ、なぜたった2尾でHKD136(約2000円)するのか、

実は昨日、考えるきっかけがあったのです。

実はあのさんまの味が忘れられなくて、アジアにある小さな街の高級スーパー

 

 

乙女のトキメキcity'super乙女のトキメキ

 

 

…に再び足を運んだのです。

 

f:id:michelley-3434:20181014225635j:plain

 

 

その二尾HKD136の隣に…

 

あれねーはてなマーク

あれあれねーはてなマークはてなマーク

 

 

f:id:michelley-3434:20181014225640j:plain

 

 

三尾HKD38(約550円)じゃないかぃおーっ!!!!!!!

(ちなみにこのスーパーでは、初物じゃないさんまは、

二尾HKD35(約500円)が相場。

それよりも安いんですよ、しかも北海道産。)

 

ってなわけで、帰り道、バスの中で

 

 

「この価格差は何なのうーんはてなマークはてなマークはてなマーク

 

 

ってな疑問をgoogle先生にぶつけたわけです上差しキラキラ

 

 

 

 

「Chilled(冷凍ではなく冷蔵)」でアジアにある小さな街に渡ってきたさんま

 

実はですね。

この高額設定のさんまさん魚しっぽ魚からだ魚あたま

冷蔵輸送されてきたものなんですキラキラ

冷凍保存ですと、当然、輸送にかかる時間を考慮する必要がありません。

今でも、海外への水産物の輸出に際しては、やはり、

この冷凍保存がメジャーな輸送手段です。

しかしながら、品質は、生のものに比べれば、残念ながら多少、落ちるでしょう。

 

 

「日本の美味しいものを 世界に届けたい」

 

 

そんな思いが、輸送技術の発達により、叶うようになったのですラブラブハートハート

 

 

 

学生時代の指導教授の話は本当だった??

 

いやね、実は。

学生時代の指導教授がこんな話をしていたんです。

「ぼくはね、自宅を建てるに際して、お墓の近くに土地を購入しようと決めていたんです」

 

彼は突然お話しし始めました。

 

ほぅほぅ、でねーはてなマークはてなマーク

と思い耳を傾けていくと

 

「亡くなった方の話をするのは恐縮なんですが、お墓って、遺骨が埋まっているでしょ?墓地のある土壌からは窒素が発生している、と言われていてね。

窒素は身体によくて、老化を防いでくれる、といわれているんですよ。

なので、墓苑の近くにどかぁ〜んと戸建てを建てようと決め、ここに家を設けたのです。」

 

…これは、友人と指導教授のご自宅に遊びに行ったときの話です。

20代に聞いた話ですからね。

「ほんとかなぁ〜はてなマークはてなマークはてなマーク

そりゃ思うわけです。

パー乙女のトキメキちなみにドカンと立派な戸建てでしたよ--音符

 

現在、日本から生鮮品や水産物を冷蔵輸送する技術はとても発達しています。

鮮度を落とさずに、フレッシュなまま、輸出国に搬送することができます。

その方法は幾つかありますが、私の調べたところ

 

ベル窒素によるもの

ベル湿度とエチレンガスの調整によるもの

 

この2種類の技術が使われていることが多いようです。

 

こと、水産物の冷蔵輸送にあっては、

前者によるところの技術発達により、搬送が可能となりました。

 

仕組みのポイントを箇条書き風に記すと、3つになります。

それは、

ベル窒素

ベルナノバブルガス 

ベル

 

どういうことかというと、

水の中に、ナノバブルガスと一緒に窒素を溶かしこみ、氷水を作ります。

氷にもナノバブルガスとともに窒素が溶け込んでいますし、

水にもそれらが同様に溶け込んでいます。

 

生鮮品が腐敗するメカニズムは、

平たく言うと、その物体の酸化の進行によるものです。

窒素は、この酸化を防ぐ働きがあるものです。

でも水には溶けにくいので、窒素を水の中に長時間滞留させるために、

ナノバブルガスを使うのです。

バブルのサイズが、ナノサイズなのもポイント。

 

大きい順に

 

 

ベルセンチバブル

ベルミリバブル

ベルマイクロバブル

ベルマイクロナノバブル

ベルナノバブル

 

 

…というサイズがありまして、

バブルのサイズが大きければ大きいほど、水上にガスが抜けてしまいます。

例えば、目視できる、コーラやビールのバブル。

1時間も放置しておくと、気が抜けてしまいますよね?

でも、一番位小さいナノバブルは、長時間安定して水の中に滞留することができ、

窒素が抜けず、水産物を酸化から防いでくれるのです。

 

その窒素の溶け込んだ水で氷水を作り、

それに水産品をつけて空輸することで、

鮮度を保っているのです。

 

…墓地から窒素が湧いているかどうかは正確なところわかりませんが、

窒素の効能に関しては、ワタシの指導教授の言っていたことは、

どうやら本当だったようです--ハート

 

…家の中に、窒素、振りまいて、アンチエイジングをはかる術はないかしらねねーはてなマークはてなマークはてなマーク

そんなお年頃--ハートハート

 

 

鮮度 保存技術もすごいけど物流会社やインフラ整備の努力によるところも大きい

 

先の項目でね、さらっと

 

窒素

ナノバブル

 

って言葉を並べましたが、冷静になって考えてみると、それって容易なことではありません。

研究技術だけでは、鮮度を保つのは至難の技です。

 

 

航空会社

空路と陸路の運搬に長けた業者

海外へ輸出する窓口となるそれに特化した空港

到着した国での検疫検査

店頭や飲食店、消費者へ届くまでの輸送

 

 

それに携わるいくつもの業者さんが、窒素の研究技術を導入し、さらには共有し、

しかも、スピーディに運ぶ。

物流業者やインフラがあってこその、鮮度キープだったりするわけです。

 

だって、よくみてください。

このさんま

 

f:id:michelley-3434:20181015105821j:plain

 

 

 

 

…ですよ。

水揚げされてから、一度も冷凍されてないんです。

「アジアにある小さな街」にあって、チルドのまま店頭に並んでいるのですから。

 

これは、あくまで、素人主婦Michelleyの想像の話なのですが、

 

魚師さんが、夜中にさんま漁に行く

早朝漁業市場に並ぶ

セリがされ買い付ける

(もしくはもう提携してるのかもしんないけど、この辺詳しくないの、

ごめんあやふや)

その漁港から、最寄の空港へ

最寄の空港から沖縄国際空港へ

(沖縄は海外に生鮮品を輸出するハブ空港になっている)

沖縄から海外の空港へ

検疫

空港から消費者や店頭までの陸路搬送

 

ノンストップで空輸ってわけにはいかないのですよね。

なので、窒素による酸化防止の技術がいかに長けていても、

どこかで足止めを食らうと、劣化原因が生まれてしまいます。

 

だからこそ、感動しているのです。

 

ほんと すごいな 物流業者って

ほんと すごいな ハブ空港を沖縄に設定した日本って

ほんと すごいな 航空会社って

ほんと すごいな

ほんと すごいな

…てね。

 

店頭価格HKD136ドルとHKD38ドルの差は?

 

それは

ベル運搬時に設ける窒素水をキープする特殊な機材を乗せた特別な飛行機の手配によるところ

…だったり、

ベルスピーディーさによるサービス料

…が加算するのだろう…ということが理解できました。

 

でも、それだけではないのだなぁ、ということにも目を向けなければいけません。

 

ベルずば抜けての鮮度の高さに対する付加価値

そして、全部売れるとは限りませんから、

ベルロスカット

…のことも考慮しなければなりません。

冷蔵の致命的なデメリットは、冷凍のように確実な長期保存はできない、ということ。

 

 

「秋はさんま」

 

 

これは日本風の文化ではありますが、

この街の人もよく知っています。

ちびまる子ちゃんをはじめとする、日本のアニメ大好きで、これを観て育った世代はすでに社会人に属する世代。

食事に季節感を取り入れる日本の感性をよく知っており、

自らお金を使うこともできる世代です。

これは、文化的にも経済的にも発達している国だからこそ、売ることを企画し実践できるのかもしれません。

だって、知らなければ、誰も手を伸ばさないでしょう?

だから、鮮度保持と輸送技術が向上しても、

売るのが難しい国っていうのは、まだまだ沢山あります。

消費者側にさんまに価値を感じてもらえる気根が整っている必要があるのです。

 

HKD136ドルのさんまをHKD38の冷凍さんまに負けないくらい売ることを考えないといけない

 

とはいえですパー乙女のトキメキ

「とはいえ音符ハートとはいえ〜音符ハート」ってマイブーム。

面白いよね、秋山さん--ハート

 

この街の人。

すでに切り身に加工され、冷凍保存された魚を好んで購入する国の人たち。

街市に行くと、新鮮な魚、売ってはいますが、

ほら、さばく手間を省けるでしょう?

それに高温多湿の国なので、衛生的にも、冷凍物を好んで手にしてしまうのです。

 

あと、この街の人って、男性も女性もとってもフェアに働きに出ています。

 

男性が料理することも普通。

女性だからといって積極的に料理するか?というとそうでもない。

外食費用が安くてね、外で済ませちゃうことも多いんです。

 

ここ10年なんだそうです、自宅でグルメを楽しむようになり、

スーパーで高級食材を購入するようになったのは。

豊かになり、物に恵まれてくるようになると、

人はやっぱりグルメになりますからね。

 

美味しいお酒やワイン

美味しい果物

美味しい野菜

美味しいお肉に

美味しい水産物

 

たまに、ためらうほどの高額設定されていることもありますが…

みんなその贅を尽くした食材を笑顔でカゴに入れています。

 

で、ですよ。

冷蔵さんまを、冷凍さんまよりも売ることを考えねばなりません。

先にも言いましたが、冷凍の魚に抵抗のない人たちです。

値段の格差を見たら、まちがいなく、冷凍、取っちゃうでしょうねーはてなマークはてなマークはてなマーク

 

日本の一大事ですよ。

せっかくいろいろ研究技術や努力を重ねて輸出しているのに、

売れなかったでは済まされません。

 

f:id:michelley-3434:20181015113658j:plain

 

city'superさん

店頭の陳列の仕方、

とってもオシャレなんです。

 

日本のスーパー、だと、

縦は縦

横は横

…とピシッと陳列されてますね。

こんな言い方してなんですが、色気にかけるのです。

 

ワタシがここcity'superが好きな理由は、

購買意欲が増すことです上差し乙女のトキメキ

陳列の仕方がオシャレなんですよね〜。

 

高級食材って、どこかファッションに似ていて、

オシャレ感をどこか求めていたりします。

「高かったけど買ってよかったな〜」

って思える満足度。

これって大事。

そして、一度食べれば、

この生の新さんまが、どれだけ脂がのって美味しいか、

わかってもらえますからね上差し乙女のトキメキ

 

あとは、大根ね。

おろし大根をトッピングで乗せることまでは、

ローカルにあっては知らない人も多いので、

食べ方を提案してあげたり…

 

それから、この季節になると、秋限定のビールが出ますが、

彼らはこれに関しても、なぜ秋限定を謳っているのか知らないと思うんですよね。

脂ののったサンマとのマリアージュを考えて、プロデュースされているんだよ、って教えてあげたり…

 

彼らは日本酒が大好きなので、

この季節の食材さんまには、この銘柄の日本酒が合うんだよ、ってマリアージュを教えてあげたり…

 

消費者だけでなく、売り子さんの教育も含めて、

ローカルに教えてあげないといけませんね。

 

そういう食のトータルコーディネートっていうんですかね?

(ワタシの表現合ってるかな--はてなマークはてなマークはてなマーク

 

総合プロデュースしてあげることで、

二尾HKD136の生さんま、買ってみようかな?ってなると思うんですよね。

 

city'superさん、頑張ってください。

 

また買いに行きます。

 

 

願わくは 遠赤外線魚焼きグリル!!!!

 

香港のマンションて、ガスコンロ、少ないです。

電気のことが多いです、これはおそらくですが、高層マンションで火災による被害を防ぐためのもの。

なので、多くの人が、魚を焼く場合、電気コンロにフライパンを乗せて焼いているのです。

 

f:id:michelley-3434:20181015120205j:plain

 

何度も言いますが、

二尾HKD136ですからね、

焼くのも真剣になります--

 

焦げ付かないように、クッキングシートを引いてね。

丁寧にじっくり。

それはもう、時間がかかりますよ。

でも、鮮度がいいので、内臓が臭くなくて、とっても美味しかった。

 

こういった環境で思い出されるのは、

情報番組の間でよく目にしていた、

遠赤外線魚焼きグリルです。 

いつか手に入れることができるといいなと思いつつ…🙏

 

日本に帰ると荷物の重量制限で、

買うのを躊躇うのです。

それより優先してキャリーケースに詰めたいものがあるんですよね。

そして香港でも売ってるのでしょうね…

売ってるのでしょうが…高いでしょうね…

 

ちょっと実現が先の夢になりそうですニコ乙女のトキメキ

 

 

今日はこれでおしまい。

 

長文を読んでくださりありがとうございました。

 

それでは、まったね〜パーハートハート

 

 

 

 

追伸

 

 

 

YouTube「アジアにある小さな街の日本人Michelley」を運営しています。

 

おかげさまで昨日御礼申し上げましたとおり、1000名以上の皆様に登録して応援していただくことができました。

本当にありがとうございました。

 

しかしながら、私の力だけでは及ばないところもあり、

なかなか周知されるに至っておりませんぼけー汗

 

また、気がぬけると、せっかく達成した1000人が尻窄みとなり、

減ることもありますですおーっ!!!

お願い解除しないで〜頑張るから解除しないで〜!!!!

 

知らない街に来て、社会に入っていくのに何か方法はないかな?と考えあぐねまして、

SNSの運営をすることにしました。

多くの皆さんに是非応援頂けますと、とってもとっても幸せでございます。

 

正直申しまして、初期の頃の動画は、

カメラ回しや編集技術がとっても素人で、

お恥ずかしいレベルのものです。

でも、情報の質だけは、満足してただけるように、と、

全力で情熱を注いでお届けしております。

ようやく機械周りにも親しむようになり、step by stepで向上してきております。

 

動画編集の励みになりますので、

応援という名のチャンネル登録をポチポチっとお願いいたします🙏

 

ポチッとGO上差し乙女のトキメキ

 

www.youtube.com