Asian View

A Life in Hong Kong

どうしようかな

f:id:michelley-3434:20190803231809j:plain

 

みなさん こんばんは。

 

 

あのー…。

今まで触れずにいたけど、触れずにもいられない話題を今日は少し認めます。

 

 

香港ではデモが起こっています。

市民は意外と冷静で、日常生活が普通に存在しています。

みんな元気ですし、ゲンキンな性格ですし、からっとしています。

 

 

なぜ今まで触れずにいたかというと、

大事な香港人のお友達のことを思うと、とても気がかりな問題ではありますが、

私は外国人なので、香港と中国の政治がどうだこうだと言う権利はないからです。

(内政不干渉の原則、なんて立派な言葉まではいいませんが、

国際社会にあってはエチケットとして大事かなと思う姿勢です。)

 

 

正直申しまして、日本で報道している内容と、

香港で実際起こっている実際のものには温度差があります。

それを上手く言い表すことはできませんが、

多くの香港民は冷静であるように感じています。

 

 

 

実はドンパチしているのは、学生世代の若者が中心で、

世間的に社会人になり、ある程度ステイタスが身に着いた方々は、

そういう場には足を向けていないように感じます。

そして、そういうことをしているのはあまり良くないと感じている人が多くいるようにも感じています。

そして、本来主張していた論点が、

ここ最近になってずれてきていることも、市民の皆さんは感じていて、

今やっているデモはおかしいんじゃないのか?と感じている人もいます。

 

 

(本来:「香港」「台湾」「マカオ」「中国」を跨いで逃亡した刑事犯を、中国政府の要望があった場合中国政府に引き渡す条例案の検討について反対するものだった。そして行政長官のケリーラムさんはこの条例案について議題に持ち上げることは世論をみて難しいことだと判断し、議題にかけないことを発表済。)

(現在:このデモを起こしたことにより逮捕された人々を開放して、という主張に若干変化。そのため、香港各地の警察署に突然襲撃が起こり、その手法も粗々しいものと若干なってきている。)

 

 

すいません、政治の話になると様々賛否両論出てきますので、

わたしはこれ以上触れませんが、

簡単に香港の内情をお伝えするとこういう感じです。

 

 

それでですね、これをブログで触れる気はあまりなかったのですが、

ブログを書くとなると、やはりある程度外にお出かけしたり、楽しい話題をお届けしたいなって思っているのですが、

今の香港の時世を垣間見ますと、ちょっとそれも難しくてですね。

(外出したり、人の集まるところに、そんなに足を向けるわけにもいかず…)

 

 

ブログの更新が、すこし平時よりも下がるかもしれません。

そして、もし話題をあげても、そんなに目新しくない、

私のコアな日常生活の話題になるようにも感じておりまして…。

 

 

そんな私のブログで大変恐縮なのですが、

わたしはこのサイトを通して皆さんと交流できるのがとても好きなので、

「最近更新ないな」とか思わせてしまうかもしれませんが、

どうぞ引き続きお付き合いいただけますととっても嬉しく思っています。

 

 

すいません、こんなご挨拶のブログでどうぞご勘弁下さい。

 

 

それでは 楽しい週末をお過ごしください。