Asian View

A Life in Hong Kong

創意工夫と平常心

f:id:michelley-3434:20200307012136j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさん こんばんは!

 

 

「デモ&ウイルス」

 

 

 

ちょーっと、否、かなりバタついて、

気づくと、深呼吸をする回数が増えたなと実感する毎日を送っています。

 

 

 

 

消耗品買い付け騒動

 

昨今の日本のニュースを拝見し、

衛生用品・消耗品の買い付け騒動が起こったというニュースをみました。

ちょっと前、香港がそうでしたので、どこの国にあっても、消費者としては不安を感じて当然だと感じながら観ていました。

 

日本人の私が香港に生活をしていて「これなくなったらきつい」と感じたのは、

「流せるおしりふき」でした。

 

香港はトイレ回りに流れる水質が日本の水質とは違い、ウォシュレットに通せる水としてはいただけないもの。

日本のお水は軟水、香港のお水はもう少し硬水。

機械にそのお水を通すと、機材のなかでお水が石灰化してしまい、使えなくなるのだそうです。

そんなことが大きな一因となり、香港では、ホテルを除いた民間レベルの居所ではウォシュレットがなかなか普及していないのですが、そうなってくると必須になってくるのが、流せるおしりふき。

 

言葉でひょうげんすると美しいものではないので割愛しますが、

とにかく流せるおしりふきが市場から消えたのがきつかったです。

 

男性が読んでいたらふさぎたい話題ですが、

女性にとっては月経期間等はどうしても手放せないものですから、

香港にきて初めて、先々のことを気にしながら利用量を加減した、なくてはならないものでした。

 

そういった不安もおかげさまで解消。

それまで在庫がパタッと消えていた、お米・衛生用品・抗菌アイテム・マスク等も流通するようになりました。

日本より人口の少ない香港でも、回復にしばらく時間がかかりました。

それを思うと、大事な日本の皆さんは大丈夫なんだろうか、と胸が痛んでおります。

 

お米の話

 

先にお米が在庫不足になった、という話を記しましたが、

これだけは、我が家ものたうち回りました。

ちょうど騒動の真っ最中に、お米がなくなったのです。

食べきってしまったという意味です。

 

幸い?ではありませんが、

我が家は夫がちょうど出張で香港を離れていたので、

私一人がなんとかなればよかったので、しばらくは、パンや小麦粉(すいとんを作った)でしのいでいました。

最初は乾麺(うどん・素麺等)でしのいでいましたが、

すでに開封済みの残りすくない状況でしたので、あっという間になくなったというわけです。

 

私は街中には住んでおらず田舎の方に住んでいるのですが、

物流が止まっていたので、どうしても我が家のエリアまで補充の搬入がうまくなされずにいました。

スーパーにいってもずっと在庫切れ。

いつもならお米のある棚なのに、インスタントラーメンが並んでいたり(しかもすっごくおいしくないヤツ)。

野菜もほとんどすっからかん。

 

いつもなら外食で済ませていましたが、こういうご時勢、レストランも閉店しているところが多く、とにかく自宅にストックしてあった乾物類をうまく調理して、しのいでいた、そういう毎日でした。

 

香港は、端から端まで移動しても一時間もかからない距離のエリアといわれています。

そういう小さな街にあっても、感染にたいする警戒感は否めず、どうしても街中の大きなスーパーマーケットまではしばらく足を運べませんでした。

おかげさまで、最近は、街中の方が人足が減っていることもあり(出勤や通学が自粛ムードにあるので)、思い切って買い出しに行ってくることができました。

 

私が欲しかった日本米は、残念ながらいったときにはなかったのですが、city'superという高級食材屋さんで、そこのPB商品のジャスミン米ともち米(ともに長粒米)があったので、自分でブレンドして使っています。

 

新たな発見 知らないものに触れる機会を得た

 

実は、私は、長粒米を買ったことがありませんでした。

香港にいても、日本米。

コロナウイルスの影響で、私の住む香港のはじっこの街では日本米どころか長粒米さえも流通がされなくなったわけですが、

前項で記述のとおり香港の高級スーパーcity'superでそのときは唯一販売されていた長粒米(ジャスミン米)を初めて購入することになりました。

 

皆さんも一度は食べたことがあると思いますが、ジャスミン米ってパサパサしているじゃないですか?なので、幸運なことにその横に売られていた長粒米のもち米をともに購入し、自分でブレンドしながら炊くようになりました。

数回炊くようになって気づいたのですが、ジャスミン米って、とっても香ばしいかおりのするお米なのですね。

 

「おいしい」

 

驚きの発見でした。

日本米より全然安いので、毎回日本米じゃなくても、ジャスミン米を取り入れた生活もいいかも、と気づかせていただきました。

いままで外食するとき(サーブされるお米は当然長粒米でしたが)全く気付かなかったんですよね。

自分で日常的に炊飯したからこそ知れた、新しい世界。

災い転じて福となせた、そう感じます。

 

飽きてきた長粒米 アレをしたらめちゃくちゃおいしくなった

 

とはいえ!

・・・っていう出来事もありました。

ジャスミン米、香りが強すぎて、毎日、しょっちゅうは食べていられなくなるんです。

(私グルメでは決してないです、フツーの庶民生まれの庶民育ちです)

主食副菜とのバランスが、口のなかで崩れるといいますか、

それくらいお米の香ばしい香りが強いものなんです。

そんなわけで、毎回数合まとめて炊くわけですが、

冷蔵庫のなかで、サランラップにくるまって、しばらく食べられずに放置されるわけです。

そうなると、当然お米ですから、硬くなります。

 

うるち米は、元来水分量が高く、もっちりしている性質のものですから、

多少冷えても、おいしくいただけるのですが、

どうにも長粒米は、いったん冷えると、ものすごくおいしくなくなります。

 

そこで、いろいろ考えた挙句、いきついたアイディア、それは

 

 

 

「焼きおにぎり」

 

 

 

だったんです(笑)

びっくり、すごくおいしいんです。

もしかすると、うるち米で作る焼きおにぎりよりおいしかったかもしれない。

 

f:id:michelley-3434:20200307011444j:plain

 

ジャスミン米は、パサパサ系のお米なので、焼き目がつきやすいんです。

そして、どんな冷や飯でも、内側には水分を保っていますから、加熱するともっちり感は多少戻ります。

そんなわけで、冷蔵庫で保管していたジャスミン米で作った焼きおにぎりは、

かなり美味しかったです。

噛んだ食感パリパリ、内側モッチモチ。

驚きのうまさです。

 

夫もジャスミン米に飽きてきていたので、この発見は、我が家的にはかなりの幸い。

最後の一粒まで美味しくいただきたいと思います。

 

結婚して初めてかも 乾物類で「日本ならでは」の副菜を作った

 

これは自慢のできることではありませんが、

私は、あまりお料理は得意ではありません。

自炊していると、レパートリーの少なさに反省を感じるとともに、

ワンパターンなご飯にどうしてもなってしまう、そんな結婚生活を送っております。

 

そんな中で、実は少し成長させていただくことがありました。

乾物類の棚をあけると、こんなものが出てきました。

 

f:id:michelley-3434:20200307012136j:plain

 

切り干し大根と、乾燥もずくです。

これ、私の食生活では、絶対自らすすんで買うものではありません。

いつだったか、日本食材を扱う香港のスーパーマーケットにいったとき、

ディスカウント棚にどかっと売れ残りで置いてあったのを目にしたとき、

おいしいのに売れなかったんだ…(味は好き、自分で作る経験がなかっただけで(笑))

日本からせっかく海を越えて運ばれてきたのに、なんだか切ないな、ってセンチメンタルになってしまって買った、という代物。

 

で、我が家の棚で、一年弱眠っていたわけです。

冷蔵庫の中の食材が切れて、ようやっと「作ってみるか」と腰をあげた次第なのがとってもお恥ずかしい限りなのですが、作ってみました。

 

作り方など知りませんから、もうアレですよ、レシピサイト頼み(笑)

 

「切り干し大根+レシピ」で検索すると、油揚げやひじきと煮たものや、ちょっと食感良くいただける和え物等、様々出てきました。

個人的には食感がいい方が好きなので、後者のレシピをチョイス。

 

もずくに関しては、キュウリとお酢の定番のアレが食べたかったので、それをやはりレシピサイト頼みで作ってみました。

 

f:id:michelley-3434:20180205230326j:plain

 

↑大地と太陽の恵み感 ハンパない一枚(笑)

 

f:id:michelley-3434:20180205230923j:plain


↑もずくさん。

ふやかしたら元の25倍の量になることなどつゆしらず、

結構な量に膨らみ、大慌てすることになるのは後の話(笑)

 

f:id:michelley-3434:20180206053126j:plain

 

↑写真の見た目以上に、実際はかなり多い量の仕上がりとなりました(笑)

こんなにどうする(汗)

 

f:id:michelley-3434:20180206064958j:plain

 

すったもんだありましたが

おいしくいただきました。

 

 

さいごに

 

マスクの流通が日本の市場から消えたと騒がれたとき、

民間の方々のアイディアからマスクのDIYの情報が流れたのを目にして感動したのを覚えています。

また、Aeonがトイレットペーパーは十分のあるので安心してくださいという意味をこめて「おひとり様10パックまで」と謳って販売したのも、すばらしいアイディアだなぁと感動しました。

非常時こそ、創意工夫と平常心が大事なのだと、学ばせていただき、

またそれが日本のDNAのひとつでもあるのかなと感じました。

そういった美しい文化をもつ日本に生まれたことを誇りに思います。

 

まだまだ有事は続きますが、どうぞ皆さまにおかれましても、

ご無事でいてくださりますように、願っております。 

 

 

またブログ、投稿します。

深夜の投稿になり、申し訳ありません。

 

おやすみなさい。