Asian View

A Life in Hong Kong

OPEN CAMERA アプリを検証してみたブログ #8K #コンデジを買う前に #スマホカメラアプリ

f:id:michelley-3434:20190619111033j:plain

 

 

 

みなさん こんにちはパー音符キラキラ

 

 

今日はスマホ用無料カメラアプリの検証ブログをお届けいたしますニコラブラブラブラブ

 

ベル検証アプリ:OPEN CAMERA Android版

      (正式名:8K Full HD Video Camera)

 

 

 

わたしがこのアプリが気になった理由

 

実はワタシ、コンデジが欲しくて購入を検討しておりますキラキラキラキラ

俗に「高級コンデジ」と呼ばれる部類のものです。

理由は、お外にお出かけして、綺麗な動画を撮影し、YouTubeに投稿することが好きだからです。

コンデジを求める理由は、やはり持ち運びに便利なサイズであること上差しキラキラ

 

・・・なのですが、

やっぱり、それでもスマホに比べると、小さいとは言えず、カバンに入れても場所をとるわけです。

(女子的街あるきバッグは実は結構ミニサイズなんですよね。)

 

そんなわけで最後の悪あがきで、スマホアプリをあれこれ模索開始。

私は今年、スマホを買い替えまして、Apple社製からGalaxyに乗り換えました。

それまで「Filmic Pro」という有料のアプリを使っておりました。

はい、なかなか高性能でした。

Android版もございます。

しかし、もうその性能はわかっているので、

今回はそこには手を出さず、他のアプリをチョイス。

 

それが今回セレクトした

「OPEN CAMERA Android版(正式名:8K Full HD Video Camera)」

だったわけです。

 

 

ダウンロードしよう

 

 こちらがそのアプリのページ。

f:id:michelley-3434:20190619112233j:plain

 

レビュアーのスコアも「4.4」となかなかの高さ。

悪くはなさそうです。

 

ダウンロードすると、スマホにはこんなマークで表示されます。

 

f:id:michelley-3434:20190619112238j:plain

 

開いてみた

 

早速アプリをタップ

 

f:id:michelley-3434:20190619112609j:plain



こんな感じ。

このOPEN CAMERAアプリは、

ビデオとカメラをワンタッチで切り替えることができます。

これは、ビデオカメラの設定にしたものです。

 

露出補正と水平線

 

左下にプラスマイナスのマークがありますが、

これで、露出補正の調整をし、撮影します。

 

f:id:michelley-3434:20190619113034j:plain

 

スマホで動画を撮影する場合、ジンバルを使うことが多いと思いますが、

このアプリは撮影時水平かどうかチェックする線が表示されるので、

撮影者としては、とっても助かります。

スマホ用ジンバルは、ときおり水平設定がずれることがあるので、

撮影し終わった後に「あ、傾いてた」なんてことがあったりするわけです。

 

f:id:michelley-3434:20190619112609j:plain

 

 

ビデオの設定がなかなか細やか

 

細やか、という表現はいい意味合いで書きました。

 

f:id:michelley-3434:20190619113255j:plain

 

チョイサブルな解像度

 

この画面の一番上、「ビデオの解像度」をタップすると、

結構な数の解像度設定が用意されており、

あなたのお好みのものをチョイスすることができます。

 

f:id:michelley-3434:20190619113258j:plain

 

その数24種類

 

f:id:michelley-3434:20190619114136j:plain

f:id:michelley-3434:20190619114140j:plain

 

(参考までにYouTubeが推奨する解像度は16:9でして、

分かりやすいようにかっこ書きでそれが記されています。分かりやすい…)

 

 

ビットレート

 

ビットレートは、100kbpsを最低値とし、10Mbps刻みで設定されており、100Mbpsを最高値として用意されています。

あまり高い数値を設定しても、動画編集時やYouTube投稿時にデータが重くなり扱いが厄介になるので、個人的には低めに利用するのが好きです。

 

高画質で撮影したい場合は10-15Mbps位、そこそこでよければ9-10Mbpsくらいかな。

 

f:id:michelley-3434:20190619120043j:plain

f:id:michelley-3434:20190619120048j:plain

 

フレームレート

 

フレームレートの数値も幅のある設定が用意されております。

 

f:id:michelley-3434:20190619120543j:plain

 

 

個人的には60を超える使用はあまりないのですが…せっかくの検証ですからね、

今回は色々試してみることにしたいと思います。

 

 

検証の設定

 

どれ位画質に違いが出てくるのか検証するため、

次の7パターン設定を変えて比較してみることにしました。

 

Highest:2688*1512(ビットレート15Mbps フレームレート60)

Highest:2048*1152(ビットレート15Mbps フレームレート60)

Full HD:1920*1080(ビットレート15Mbps フレームレート60)

 

Highest:2688*1512(ビットレート15Mbps フレームレート60)

Highest:2688*1512(ビットレート60Mbps フレームレート60)

Highest:2688*1512(ビットレート15Mbps フレームレート120)

Highest:2688*1512(ビットレート60Mbps フレームレート120)

 

検証動画

 

それでは、どれ位映像に違いが出てくるかカメラテストをしてみたいと思います。

先のように7パターンに設定を変え、一本の動画にしてみました。

理屈の上でいくと、7パターン目の

「Highest:2688*1512(ビットレート60Mbps フレームレート120)」

が一番きれいな動画に仕上がっているはずなのですが、さて結果やいかに。

 


#cameratest#opencamera#galaxyA8s

 

3:07Highest:2688*1512(ビットレート15Mbps フレームレート60)

4:20Highest:2688*1512(ビットレート60Mbps フレームレート120)

この2つを比較するとわかりやすいかもしれません。

水面をみると一目瞭然なのですが、

やはり後者の方が、沢山の写真データをつなげて作ってある映像なので、

波模様がなめらかに感じます。

 

 

今後期待したい点

 

私が元来欲しいコンデジに比べれば、

無料アプリのレベルですから当然画質は落ちるわけですが、

ちょっと撮影するくらいであれば、充分なものです。

だがしかし、YouTubeに動画を投稿する身としては、

次の点の改善を期待しています。

 

 

速い動きに弱い

 

今回動画に収めた映像は、三脚を使い、カメラを固定した状態で撮影したものです。

どんなカメラでもそうですが、本体が固定されていますので、

当然ながら映像はクリアなものをキープすることができきれいに映るわけです。

しかし、動画の撮影は、被写体だけでなく、撮影する側も動きますので、

動きに強いことが期待されるわけですが、

残念ながらこのアプリは、この点がよわかったりします。

ときに、日光の下で撮影することもあるわけですが、

光がつよいと明るいところにフォーカスがひっぱられがちになり、

動画全体としてゆがみを感じることも間々あります。

 

広角とフォーカス機能

 

無料アプリにそこまで期待してはいけないのでしょうか。

いえ、いつか誰かが改善してアプリを提供してくれると期待しているのですが、

動画撮影といえば、広角とフォーカスがとても大事になってきます。

とくに動画。

被写体の近くで撮影をすることが多いのですが、

スクリーンの中で一番手前のものが動いている場合、

近すぎてしまって、何を撮っているのかわからないといったこともおきたりします。

また、フォーカスにかんしても、被写体によればよるほど、

画質が粗くなり、映像として美しくないものができあがります。

広角とフォーカス機能の向上、もっと良くなるといいですよね。

 

 

さいごに

 

 

そんなわけで今日はOPEN CAMERAアプリの検証動画をお届けしました。

コンデジを買うことになると思いますが、

外出先で動画を撮影することを考えますと、

やっぱりスマホですべて完結できると、非常に助かります。

今後の改善に期待大ですニコラブラブラブラブ

 

 

それでは またねーパー音符キラキラ