深センホテルレビュー JW マリオット深センのクラブラウンジ

 

 

お得な料金で旅をセルフアレンジ 『トリバゴ』へポチッとGO☝️

 

 

 
みなさん こんにちは🌟
 
本来であれば、続きのセブ&ボラカイ編やしの木の続きのブログを書くところなのですが、
昨日新しい動画をYouTubeに出しまして、間入っちゃいますが、深センのホテルレビューをご紹介したいと思います。
どうぞよろしくお願いいたしますおねがいアップアップアップ
 
さて。
ワタクシMichelleyが運営するYouTubeチャンネル「アジアにある小さな街に住む日本人Michelley」ですが、
実は、深センにあるホテルの、概ねクラブラウンジのレビューをするのが恒例となっております。
エェ、会社から金など出ておりません。
出資者もおりません。
自腹で行き、調査しておりますですガーンあせる
同情を買うわけではありませんが、
みなさんに楽しんでいただけたり
なかんずく出張でいらっしゃるビジネスマンの皆様にとりまして役にたつ情報を発信していければと
おもっちょりますグラサン
 
応援という名のチャンネル登録
どうぞどうぞよろしゅうお願い申し上げます🙇
 
 
===
 
さて。
今回ご紹介するホテルは、タイトルのとおりキラキラJW Marriott Shenzhen(JWマリオット深セン)キラキラのクラブラウンジ。
世界中どこにでもある、アメリカ系のホテル。
ここは深センのホテルにしては、高価格帯のホテル。
なので、ずっとBooking.comでセールを狙っていたんです。
今回たまたまやんごとなき事情があって訪問する予定だったのですが、ちょうどセールで(ラッキ〜グラサンハート
泊まらねば!!と即座に予約して行ってきたわけですにひひラブラブ
 
 

深センにはJWマリオットが2つある

 
 
気をつけていただきたいのは、
深センには、JWマリオットが2つあります。
一つは、福田にあり
もう一つは、宝安という空港に近い方にあります。
今回私がご紹介するのは、前者。福田にある方のホテルです。
 
玄関入るとね。
それはもう、絢爛豪華な、キラッキラのホテルな訳ですよ、笑
 
 
びっくりしちゃった。
しかも蓮が咲いてる。
蓮って本来、泥水の中で育つもの。
結構頻繁に交換してるんだろうな、贅沢〜❤︎と思い
パシャっと撮影した訳です。
 

 

チェックインはAfternoon Teaを楽しみながら

 
チェックインは27階のラウンジ内で。
優雅なものです。ちょうどTEA TIMEで、コーヒーとケーキを楽しんでいる間に、スタッフがチェックイン手続きをしてくれちゃいます。
 
 
このスコーン、すっごい美味しい❤︎
外カリッカリ。
あったかくて。
ジャムだけだと物足りないので、この後、クリームも出してもらいました。
結構大層なメニューリストが用意されていて、
全部一品ずつ頼むと、食べきれないんじゃないかな、って位のメニューがありました。
ビュッフェではないのが嬉しかったかな。
サンドイッチとか、カピカピに乾いたの、食べたくないしね。
フレッシュでした。
 

お部屋へGO!

 
クラブラウンジと一口に言いましても、
お部屋の種類は6つほどあります。
私は一番小さいサイズのエグゼクティブキングのお部屋に宿泊しました。
一番広い部屋は、当然エグゼクティブスイートのお部屋になるわけですが、
広さの比較としては、キングは43㎡、スイートは88㎡。
キングのお部屋でも、ご夫婦やカップルの滞在であれば、比較的ゆったり滞在できるサイズです。
お子さん小さければ、+1くらいいけるんじゃないかな???
 
 
 
 
バスタブもゆったりサイズ。
トイレとシャワーは、それぞれ別個に独立しているので、快適です。
テレビもついてます。
 
 
 
ファシリティも充実。
カクテルアワーに向けて身体をしぼっとこ〜❤︎
 
ファシリティも充実。
スパは、プール、サウナ、ジャグジー、そして、ジムがあります。
 
 
プールはね、もしかすると、片道、25メートル、ないかもしれない。
あっとう間に往復できちゃったから。
・・・何メートルだったんだろう??
ごめん、わかんないや。
 
 
 
こんなに走り込みマシーンあるけど、これが全て埋まることってあるのかしらん???ねードキドキ
 
 
私は、プールとサウナで汗を流しました。
お疲れモードの方には、エステやトリートメントのスペースもありますよ。
 
 
 

 

待ってましたぁ〜カクテルアワーのはじまりはじまりにひひキラキラ

 
私はこの時間が一番好き。
さぁさぁ、食べるぞ〜アップ飲むぞ〜アップアップ
あ!運動した後は、アルコール入れる前に、お水とってね。
倒れちゃうわよ、血液ドロドロいやでしょ〜笑い泣き
 
 
アルコールは、
ビール3種
ワイン赤2種、白2種(フランスとオーストラリア)
日本のブランドのアルコールは一切なし。
宿泊費の設定が、高級価格帯のホテルなので、日本酒とかあると最高なんだけどね。
やっぱり日本から持ってくるとなると、関税とかかかって高くなっちゃうのかしらね??
残念だけど。
アペタイザーだけでなく、ホットミールも充実していて、良かった。
 
散々食べて酔っ払ってしまったアナタ。
スパは22時まで。
そして、飲みすぎてスパは危険だというアナタ、プールスペースにちょっとした中庭があるので、そこのベンチに座り夜風に当たるのもいいですよ。
 
 
私が行ったときは結婚式のイベントみたいなことがされてましたよ。
でも、この奥に、もっとスペースがあって、部外者でも座れるので、安心を。
私は、この後、消化のために代謝を上げるべくサウナに再び入りました。
 
ぐっすり眠りました。
 

エェ??また食べるの???な朝ごはん

 
くくくっチューはい、食べますよ。
朝はしっかり、食べましょう。
すっかり前夜胃に納めたものは、消化され、お腹すきすき、笑
 
パンてんこ盛り。
 
 
麺もありますし(麺、いくつか種類があって選べる。)
卵料理も種類あります。
ポーチドエッグを頼んだら、エッグベネディクトが出てきて、
しかも2枚のイングリッシュマフィンの上に、2つのポーチドエッグが乗って出てきた、笑
1個でいいのに〜あせる・・・食べちゃったけど、笑爆  笑へへへ。
 
 
 
朝食も種類豊富。
 
他のホテルだと、朝食、ラウンジって、そんなに品数ないので、
皆さん、下のフロアにある食堂に行きます。
ビュッフェの種類がもっと多いからです。
でも、ここのラウンジは、悪くない。
せっかく喧騒感を忘れるチャンスなので、貴重な空間を買ったんだ!と思って、
私はラウンジでお食事する派です。
 

わぁ〜お!ネット規制な〜しグッド!グッド!グッド!

 
深センは、中国なので、SNSはほどんど規制を受けます。
香港でSIMを買っていくとか、いろいろ裏技はありますが、
実はこのラウンジ、その規制がないのです。
いつも、深センに行くときは、中国専用のブラウザをスマホに用意してから入るのですが、
ここはそんな心配不要でした。
他にも、深センには、ラウンジを持つ5つ星ホテルが存在しますが、
使えない場所もあります。
私が知っているのは、
のクラブラウンジは使えました。
 
いや〜、わかってはいるけど、
やっぱりつながると助かるというものです、そして安心です。
出張で来てる人とか、日本の人と連絡とるとき、やっぱり、SNS使うと思うんですよね。
フェイスブックメッセンジャーとか、ラインとか。
なので、どうせならこういうサービスを利用して、より快適な滞在にしたいものです。
 
以上、JWマリオット深センのホテルレビューをお届けしました。
もっと詳しい情報は、下に貼ってある動画に納めてありますので、どうぞご覧ください。
最後に再びのお願いですが、チャンネル登録していただけると、とってもとっても励みになります。
どうかお優しい寛大なお慈悲で、ポチッポチッ上差し上差しと、お願いできますと幸いでございます🙇🙇🙇
 
長文を読んでくださり、ありがとうございました。
まったね〜❤︎
 

 

 

 
 

 

深センへは 『トリバゴ』でポチッとGO☝️